トイレに落ちそうになる酷い夢を見た。

この間、すごい夢を見ました。
その夢と言うのがトイレに落ちそうになる夢なのです。
夢に出てきたのは昔住んでいた古い家でした。
私は今の家に建て替える前に別の家に住んでいたのです。

そこは以前人が住んでいた家で、その人から買い取ったのでした。
だから築数十年経っていたためにボロボロでした。
天井が落ちて来るかというくらいにボロボロだったのです。

その家の中でも私が一番苦手だったのが「トイレ」です。
古い家なので昔ながらのボットントイレで、下に溜まっている感じなのですね。
友達を呼ぶ度にすごく恥ずかしいと思っていました。

夢の中にはその昔のトイレが出てきて、そこで座ったのです。
「なんだかミシミシ言っている?」と思った時に事態は起こりました。
なんとトイレの便器辺り一体の底がすっこ抜けたのです。

いきなりドーンと足場が崩れて私はトイレに落ちかけました。
そして反射的に私は底が抜けていない箇所の板をガシッと掴んで落ちずに済んだのんです
そこからはまるで体操選手のような筋肉で自力で這い上がり、事なきを終えました。

そんな夢を見ました。
一体何なのでしょうか?
もう朝起きた瞬間から「ハァー」と深いため息を吐いてしまいました。
もう今後一切見たくない最悪な夢です。

カテゴリー: 住まい | トイレに落ちそうになる酷い夢を見た。 はコメントを受け付けていません。

つわりの体験談!苦しんでる人の役にたてば嬉しいです!

私のつわりの体験談を書きます。
私は現在妊娠19週目です。
妊娠8週目~妊娠15週目の頃、つわりで酷く苦しみました。

私のつわりの症状は、典型的な「吐きづわり」でした。
食べ物を食べてもほぼ全て吐いてしまっていました。
そしてだんだん食べ物が食べられなくなり、ついには一日フルーツアイスバー1本で過ごすようになりました。

その頃はまだ正社員で働いていたのですが、とてもじゃないですが仕事どころでは無かったので、お休みをしていました。
仕事は結局二ヶ月休んだ末に退職しました。
妊娠12週目頃には体重が7キロ減っていました。
一日中ベッドの上で過ごし、ビニール袋に吐いていました。

見かねた親が実家に帰って来るように言ってくれたので、旦那とも相談して、実家に帰ることにしました。
実家に帰り、両親が身体に優しい料理を毎日作ってくれて、だんだんと食べられるようになりました。
体力も少しずつ回復していって、妊娠15週目にまた家に戻れるくらいまでには元気になりました。

今つわりで苦しんでいる人に伝えたいことは、ご実家に頼れるのなら、絶対に実家に帰った方が良いです。
旦那さんには申し訳無いですが、そうしないと回復が遅くなります。

あと、つわりで苦しんでる最中は、つわりがいつ終わるのか分からず辛いと思いますが、つわりは必ず終わります。
今だけの辛抱ですので、あと少し、頑張ってください。
つわりが終われば幸せなマタニティライフが待ってます。

カテゴリー: 子供 | つわりの体験談!苦しんでる人の役にたてば嬉しいです! はコメントを受け付けていません。

お金が欲しい!ので金策を色々練ってみた。

30代中盤の男性です。
以前はサラリーマンをしていましたが、精神に疾患が見つかり、現在は自由業でライターをして生活しています。
自由業なんぞをやっていると暇な時間が増え、その間にSNSなどで色々な人と交流するのですが、最近、かなり「リア充」になってしまいまして、どんどん遊びの誘いや予定が入ってきます。

2016年のクリスマスには、女の子の友達とみなとみらいでクリスマスデートをしたり…。
また、新年会や地元のコミュニティの飲み会などお誘いも多く…。
ちょっと、遊ぶお金の面で金策が必要な状況に追い込まれていたりします。

昨日、ベッドの上で寝そべってスマホを観ながら、お金を増やす方法はないもんか?とじっくり考え込んでいました。
まず、おもちゃの「売却」を思案しました。
私はアニメ・特撮オタクでおもちゃをいっぱい持っているので、それを売れないかと考えたのです。

秋葉原のおもちゃ買取店を調べてみたところ、なんと思いのほか、ほとんど美品のおもちゃや未組立のプラモやフィギュアが1,000円以上で売れるものがけっこうあることがわかりました!母から部屋のものを整理しろと言われているのもあるので、近々秋葉原に赴いて売却したいと思う所存です。

また、軽いアルバイトをしてみたいな、と思っています。
ティッシュ配り、やってみたいんですよねー。
一回2時間~3時間ほどの拘束ならばライターにも支障ないし、その気になれば遊ぶお金だけでなく生活費も少しは賄えるかな、と。
ただこれは、心療内科の主治医の意見が必要になりますね。
軽作業程度ならできるとは言われてますが。

あと、マクロミルのアンケートサイトなど、月500円~1000円くらい稼げるお小遣いサイトをもっと利用してみようと思っています。
最近、夜中に眠れず暇にしていることが多いので、なんとかその時間をお金にしたいです!

カテゴリー: 家計 | お金が欲しい!ので金策を色々練ってみた。 はコメントを受け付けていません。

年末年始は祖母の家で贅沢なダラダラ生活を満喫。

年末年始、祖母の家に行ってきました。
昨年受験生だったので久しぶりの祖母の家でした。
毎年親戚一同集まって年越しする習慣ががあるので、普段一人暮らしをしている身にとっては大人数で集まってワイワイできたのはとても楽しかったです。

小学生の従姉妹が2人いるのですが、彼女達の相手をするのは思ったより大変で歳を感じました。
暇な時間はすべて睡眠時間にあてたのでおそらく平均したら1日12時間程度寝ていたと思います。
おかげで自分の家に戻ってからもなかなかその習慣が抜けず、最近常に眠い日々を送っています。
寝てて良い時間の制限時間がないのはとても幸せなことだと改めて思いました。

久しぶりの観光もすることができました。
31日は海に行っておいしい海鮮丼を食べました。
さすがに寒すぎて海に入ることはできませんでしたが、従姉妹と一緒に貝がらをたくさん集めました。
童心に帰れた気がしてなんだか楽しかったです。

1日は朝早く起きて近くの山に初日の出を見に行きました。
よく考えてみると日の出をちゃんと見るのは初めてだったのでとても感動しました。
太陽が出てくる瞬間に一気に明るくなるのは鳥肌が立つレベルでした。
出てくるまではかなりの時間待ったような気がしましたが、出てきてから上るまでは早かった気がします。

年末年始を最大限満喫できてよかったです。

カテゴリー: 休暇 | 年末年始は祖母の家で贅沢なダラダラ生活を満喫。 はコメントを受け付けていません。

大好物はポテトサラダ、定番だけど奥が深い。

私の好物のひとつは、ポテトサラダです。
カロリーが高いのでダイエットを気にする私はあまり食べないようにしているのですが、本当は毎日食べたいくらい大好きです!
バイキングレストランに行ったりすると、お肉などよりポテトサラダをおかわりして食べてしまったするので、友人から「なんでポテトサラダばっかり?」とツッコまれてしまうこともあります。

ポテトサラダというと定番料理という感じで、あえて「好物」だという人は少ないかもしれませんが、お店によっても味が違うし、手作りをしても毎回全く同じ味にはならないので、いつも「奥が深いなぁ」と思います。
特に手作りをする際は、ちょっとマスタードを入れてみたり、お酢や砂糖をちょっと多めに入れてみたり、わざとポテトを粗くつぶしてみたりなどなど、色々とアレンジをするのも楽しいです。

そしてとっても美味しいポテトサラダが出来たときなどは、「今日はなんだかツイてる!」と思い、1日幸せに過ごせるような気さえしてしまいます。
でもまぁ、なんだかんだ一番美味しいのは、ポテトにきゅうり、ハム・玉ねぎというシンプルな具材のものですけどね。
ちなみにマヨネーズは低カロリーのものより普通のもののほうが美味しいんですよね。
ダイエットを気にせず食べられたら本当にいいのになぁ、と思います!

カテゴリー: グルメ | 大好物はポテトサラダ、定番だけど奥が深い。 はコメントを受け付けていません。

サスペンスドラマの舞台に京都が多いワケ。

kyoto

別に好きというわけではないのですが、お母さんといっしょにリビングにいると2時間のサスペンスドラマをよく見ます。
いかにも痴情のもつれとか、胡散臭い雰囲気を出す犯人とか、ツッコミどころが多くて意外に面白かったりします。
連続ドラマのように次回へ続くようなこともなく、一回の放映でしっかりと話が完結するというのも魅力なのかなと思ったりします。

そうしたサスペンスドラマですが、けっこうな頻度で京都が舞台になっている気がします。
京都ではなくても、北陸や東北などの観光名所や歴史のあるスポット、あとは温泉地なんかが本当によく出てくるなと思います。
旅行でいけば必ず立ち寄る場所や、行ったことはなくてもよく見聞きする場所なんかが出てきたりして、ちょこちょこと地元の名物とかが出てきます。

私のお母さんは旅行が大好きで、仲の良い友達としょっちゅうあちこちに旅行に行っているようです。
なので、ドラマを見ているときに、「この前ここに行ってきたんだけどね」とか、そんなことを間に挟んで聞かせてくれます。
旅行先でも、「ここ、この前のドラマで出てきたところよね」と言って、いっしょに行く友だちと話が盛り上がるんだそうです。

もしかしたらドラマを製作する側でも、そうしたことを狙ってストーリーや撮影を組み立てているのかもしれませんね。
ドラマの中でも地方の名物おばさんとかが活躍して事件を解決するとか、旅先で事件に巻き込まれるとかそういうプロットが多いように感じます。
たまに地元が舞台になっていたり、近くでロケをしていると、私のよく知っている場所なんかも出てきて、なんとなく親近感を持ってしまったりします。

カテゴリー: 休暇 | サスペンスドラマの舞台に京都が多いワケ。 はコメントを受け付けていません。

早速、通知が届きました。

トヨタ自動車が結構リコールを公表しているわけですが、ついにこちらにもリコールの通知が届きました。
自分が乗っているトヨタ車だけで、今回が3度目のリコールとなります。
一応、どのような不具合が生じる可能性があるのかを説明いたします。

自分の場合は、運転中に運転席が動く可能性があるというものです。
このような不具合が見つかった車種が3種ありまして、結構な100万台を超える数のリコールが出されております。
このリコールによって、おそらくディーラー側は大忙しになっているはずです。

おそらく、すぐには修理に出ることができないと思われます。
このリコールは4月9日付の発表であり、今日になってハガキでリコールの通知が届きました。
一応、ハガキの内容を詳しく読んでみると、仮に運転席が動くのような不具合が見つかった場合、修理時間としては40分から1時間30分ほどかかる見通しなのだそうです。

ということなので、時間にゆとりを持ってディーラーをお尋ねすることをおすすめいたします。
当たり前ですが、リコールですので修理費用は一切かかりません。
ただ、整備のために予約でいっぱいになっている可能性があるので、一度電話で問い合せてみたほうがいいかもしれません。

945

カテゴリー: 自動車 | 早速、通知が届きました。 はコメントを受け付けていません。

ボケてきた私

最近、急須にお茶を淹れて、蒸らしている間にそれを忘れてしまったり、ガスコンロの火を消し忘れたりと、ちょっと危なくなってきた私。
子供達がちょっと私を心配し出しました。

私は自分の祖母がボケたので、自分が心配です。
というより、「私はボケるからね」と家族には既に宣言済み(-。-)
宣言される家族の方も迷惑でしょうが・・・。

祖母はまず、物忘れがひどくなりました。
しかし、老人はよく物忘れをするものですから、周りも左程気にしませんでした。
それがどんどん酷くなり、周囲の私達も困ってきた頃、母が町で知らない人をつかまえ、
「私の家はどこでしょう?」
と聞いているの所をたまたま見たのです。
母は、「あれでおばあちゃんがおかしい」と気づいたと言っていました。

まだ認知症という言葉どころか、痴呆症という言葉すらなかった頃のことです。
どうして良いかわからない両親は色々調べ、講演会等にも足を運んでいました。
そこで、祖母そっくりの症状について初めて話を聞き、それが所謂認知症なのだとわかったのでした。

今は認知症に対する知識も普及し、対応の仕方もあれば、少しずつ良くなる治療や対し方も出来てきました。
でも、あの頃を思うと、私は嫁ではなく孫の立場だったので、本当の苦労は知らなくても、あれを家族に味わって欲しくないという気持ちは強いです。

人工呼吸器で無理に生かす必要は無いと既に言ってありますが、ボケた親を殺す方法は無いのですから、私自身もよく気を付けるようにしたいと思います。

985

カテゴリー: 日記 | ボケてきた私 はコメントを受け付けていません。

北陸新幹線に乗りました

先日乗る機会があったので、北陸新幹線に乗りました。
自由席だったのですが、さすが最新式の新幹線だけあって乗り心地は良かったです。
自由席でこれなら北陸新幹線のうりであるグランクラスは、もっといいのでしょうね。
一度乗ってみたいとは思いますが、なぜかグランクラスは満員でした。

グランクロスが満員の電車が多かったことから、私のように一度乗ってみたい、と思っている人が多のかもしれませんね。
ただ、所要時間が金沢東京間でも3時間もないことから、ほんの数時間のために大金を払うのもどうか、と思ってしまいますね。
飛行機の国際線のように、一晩乗るような場合は、エコノミーではきつく、ファーストクラス、できればビジネスクラスのほうがいいと思います(エコノミー以外乗ったことないですけど)。

数時間のために大金(そこまで大金でもないですけど)使うなら、現地で美味し物を食べるために大金使ったほうがいいようにも思います。
その辺は、考え方の違いでしょうけど。
私は、移動に時間とお金をかけたくない考えです。

グランクラスも、話のネタに一度乗れば二度とは乗らないでしょう。
そういえば、今回、新幹線内で発売されている名物のカチカチに固まったアイスを食べませんでした。
それだけが心残りです。

2190

カテゴリー: 休暇 | 北陸新幹線に乗りました はコメントを受け付けていません。

心の美しいおばあちゃんになるのが目標

子連れで皮膚科に行ったら、ご婦人に話しかけられました。
子供がキャッキャッと脱走しようとするのを、汗をかきながら止めている私を見て今は目が離せないでしょうと労ってくれました。
最近よく言われる言葉です。
続きを読む

カテゴリー: 子供 | 心の美しいおばあちゃんになるのが目標 はコメントを受け付けていません。